庭ブログ

省管理型高麗芝 TM9(ティーエムナイン)とは?デメリットはあるの?

2019/04/18

 

省管理型高麗芝 TM9(ティーエムナイン)

トヨタ自動車㈱が開発した省管理型の高麗芝(コウライシバ)で、在来品種より草丈が伸びづらいので、芝刈りの頻度が一般品種の半分以下でも緑の美しい状態を維持できる、お手入れが簡単な芝生です。

天然芝生TM9にデメリットはあるの?

一般の天然芝は、特に夏場はよく伸びるので、美しい状態を維持しようとしたら、毎週のように芝刈りをしなくてはいけません。

それが、TM9の場合は年1~2回程度の管理で美しい状態を維持できるのです。お手入れが簡単で、いつも緑の芝生がきれいなお庭って、すごくいいですよね!

そんな、夢のような天然芝のTM9にもデメリットがあります。今回はそのTM9のデメリットについてお伝えいたします。

1.値段が高い

まず、TM9は値段が高いです。

芝だけを買っても、高麗芝と比べると倍ぐらいの値段差となります。

ちなみに、ニワナショナルでの施工料金差はこちら。

TM9張り ¥3,000〜 / 1㎡=約0.3坪

高麗芝張り ¥1,500〜 / 1㎡=約0.3坪

※整地が必要な場合は別途整地代を頂戴します

当社で施工の場合も、単純計算で倍の価格差があります。

2.個人で大量に仕入れることが難しい

TM9はホームセンターなどでも並ぶようになりました

ただ、取扱数はあまり多くなく、TM9を個人でたくさん仕入れることは難しいです。

根が張るために大事な、新鮮さも懸念されてしまいます・・・

3.芝刈りの回数が少ないので芝刈りのさぼり癖がついてしまう

TM9は高麗芝など他の芝生に比べて、芝の伸びがゆっくりです。

まだ芝刈りしなくていいかと、放置してしまって、芝刈りのさぼり癖がついてしまうことも…

しかし、まったくTM9の芝刈りをしないのはいけません!
きちんと年数回はお手入れしましょう。

【おまけ】TM9の穂は必ず刈り取るようにしましょう!

TM9は春夏季(主に4月~6月)には茶紫の色をした穂が出てきます。この穂は必ず刈り取る必要があります。

TM9は「芝が伸びにくいように、お手入れがしやすいように」と改良された芝生の品種です。

茶紫色の穂から落ちる種には、ごくごくまれに改良前の芝の種が混ざる事があるんです。隔世遺伝のようなものですね。

「改良前の芝=よく伸びる芝」ですので、この種を落とさないように穂がでたら必ず刈り取りましょう。

長い目で見ればコスパが良い

お値段は一般的な高麗芝の2倍ほどのお値段にはなりますが、夏場の暑い中、毎週のように芝刈りをする労力を考えたら、長い目でみればコストパフォーマンスはよいかもしれません。

当社では、質の良い新鮮なTM9を生産農家から直接買い付け、施工しています。芝張りの前日か当日に刈り取ったばかりの新鮮な芝生を施工しますので、芝生が根付きやすいです。

TM9の芝張りや芝刈りなど、ご自身で難しいところがありましたら、ぜひお気軽にお見積もり・ご相談下さい。

芝生に関する詳しい情報はこちらから

お庭の専門店ニワナショナルは芝生に関する依頼を受け付けています。

芝張りから芝刈り・芝剥がしなど幅広く対応しています。

埼玉・東京(一部地域を除く)はお見積り無料なのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ご覧いただきありがとうございます!

お問い合わせ

メインサービス一覧へ

お問い合わせ

ご相談・お見積もり無料です

お庭のお手入れ専門店 埼玉 東京 関東
048-778-8208 受付時間:月~土曜日9:00~17:00
安心の女性スタッフが承ります。
※作業は土日祝日でも行います!
対応エリアはこちらから

このページの先頭へ

お庭のお手入れ専門店 埼玉 東京 関東
line
メニュー