1. 庭のお手入れ 埼玉・東京
  2. 庭ブログ
  3. 木を無くす方法「伐採」と「抜根」の違いとは?

庭ブログ

木を無くす方法「伐採」と「抜根」の違いとは?

公開日 2019/05/15 更新日

  • 庭の木を無くしたいけど伐採と抜根どっちが良いの?
  • 木を撤去したいな……

木を無くす方法には「伐採(ばっさい)」と「抜根(ばっこん)」の2種類があります。

木を無くした後の用途に合わせて、伐採と伐根、どちらの処理にするのか選ぶ必要があります。

 

「伐採」 と「 抜根」 の違いは?どっちを選んだらいいの?

では、この伐採と抜根には、どのような違いがあるのでしょうか?

簡単に言うと、

 

木を根元から切る方法→「伐採」

根っこごと取り除く→「抜根」

 

ということになります。

 

伐採(ばっさい)とは?

伐採とは、木を根元から切り倒すということです。

今後そこに何か違う物を植えたりする予定がなく、「もうこの木はいらないな~」という方は伐採です!

 

bassaikon_01

 

使う道具

bassaikon_02

幹を切り倒す作業なので、切る道具を使います。

太い木はチェーンソーを使用します。

 

切り株にしたその後

bassaikon_03

切り株から枝が出てきてしまうような強い木は、根もを枯らさないといけません。(シマトネリコ、 シラカシなど。)

コニファーなど、根元から木を切ってしまえば枯れてしまう木もあります。

 

根を枯らす方法

bassaikon_04

☝ドリルで切り株の表面に穴を開け、ガソリンを入れておく方法。

bassaikon_05

☝切り株の表面に塩を持っておく方法

など、いくつか方法があります。

伐採を業者に頼む場合は、どういった方法がその木にとって良いのか、担当者に聞いてみてください!

 

抜根(ばっこん)とは?

抜根とは、伐採した木の根っこを撤去することです。

その場所に、新たに木や花を植えたいという方は、根っこから撤去することをお勧めします!

bassaikon_06

 

使う道具

bassaikon_07

伐採をした後に根を掘り起こす作業になるので、地面を掘る道具が必要になります。

大きな木は根も太く深いので、ユンボを使用します。

 

まとめ

木をなくす作業である「伐採」と「伐根」についてのお話でした。

基本的に木は伐採をすると枯れますが、生命力の強い木は伐採した根元から枝を伸ばして、再び成長するので、根を枯らす処理をします。

抜根をするのは、そこに新しく木や花を植えたり、花壇や家庭菜園スペースに再利用する場合などです。

 

*とりあえず木が伸びないように処理したい→木を根元から切る方法 →「伐採」
 

*木を切った後の土地を再利用したい →木の根っこごと取り除く →「抜根」

 

と、覚えておいてくださいね!

 

ある程度の高さになった木を「伐採」するには、チェーンソーなどのが器材が必要になります。
そして、木が倒れてきて、作業をしている人が怪我をしないように、慎重に作業をする必要があります。

また、樹齢がある程度経っている木は、思っている以上に根っこが地中に張り巡らされていたりするので、根っこを掘り起こす「伐根作業」も結構大変な作業になります。

 

「みんな伐採、抜根の作業をどこに頼んでるんだろう……」

と思われた方は、お近くの造園会社など専門業者にご相談していただくことをおすすめします!

 

当店は埼玉・東京を中心に作業にお伺いしているお庭のお手入れ専門店「ニワナショナル」です。

「庭の木を無くしたい」と希望されている埼玉・東京周辺にお住まいのお客様は、ぜひご相談ください!

 

更に詳しい情報も有ります

ご覧いただきありがとうございます!

お問い合わせ

メインサービス一覧へ

このページの先頭へ

お庭のお手入れ専門店 埼玉 東京 関東
line
メニュー