庭の専門店ちょっといい話

害虫テッポウムシについて

2015/02/02

テッポウムシ
カミキリ虫の幼虫の俗称。
枝や幹の中を食害するため樹勢が著しく衰え、枝が枯れたり樹そのものが枯れたりする。
6~9月に発生。バラやモミジ、イチヂクなどの庭木、果樹を食害する。
樹木が急に弱ってきたり新芽がしおれたり、葉が黄色くなったりしたら株元を見て、木くずが出ていたらテッポウムシの侵入の証拠。
幼虫はイモムシ状で体は半透明の白いろ。幼虫は穴から針金を差し込み突き刺す。ハサミなどで幹の表皮をはがして幼虫を取り出して処分。薬剤を使う場合はスミチオン1000倍液などを穴から注射器で注入する。
成虫のカミキリ虫を見つけたらすぐに捕殺するのが一番の予防法。
ちなみにテッポウムシはひと昔前、蜂の子やいなごのように食べられていたみたいだ。

[お庭の専門店]ニワナショナル
048-778-8208 なな はは にわや
info@niwanational.com
niwanational.com

#gardener #japanesegardener #treecut #lawncare #landscape #style #japan #tokyo #fashion #fine #smile #music #love #us #ca #hollywood #tv #ny #newyork #london #uk #followme #f4f #l4l

IMG_1056-0.JPG

ご覧いただきありがとうございます!

お問い合わせ

メインサービス一覧へ

お問い合わせ

ご相談・お見積もり無料です

お庭のお手入れ専門店 埼玉 東京 関東
048-778-8208 受付時間:月~土曜日9:00~17:00
安心の女性スタッフが承ります。
※作業は土日祝日でも行います!
対応エリアはこちらから

このページの先頭へ

お庭のお手入れ専門店 埼玉 東京 関東
line
メニュー