庭ブログ

観葉植物とペット 

2018/12/14

観葉植物の引取りをさせていただきました。

「ベンジャミンなのですが、片方だけ葉がないんですけど…」

「猫が葉っぱを食べてしまうんです。もう置いておけないと思いまして…」

お手入れの行き届いたベンジャミンでしたが…(‘◇’)

葉が見事に無くなっています。

植物の中には、猫にとって有害なものが700種類以上もあると言われています。

植物を食べることにはそう問題はありませんが、

その植物に毒性があると、最悪の事態になることもあります。

中毒の危険の他にも、イタズラをして鉢を倒してしまい

猫がケガをする恐れもあります。

観葉植物を手放す理由は人それぞれだと思います。

お問い合わせください。

最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

お問い合わせ

ご相談・お見積もり無料です

お庭のお手入れ専門店 埼玉 東京 関東
048-778-8208 受付時間:月~土曜日9:00~17:00
安心の女性スタッフが承ります。
※作業は土日祝日でも行います!
対応エリアはこちらから

このページの先頭へ