庭ブログ

“もみあげ”松の木・上尾市

2018/11/20

松の木の特有な仕上げ方です。

松の木は、11月初旬~2月中旬にかけて、

枝の下の古い葉を手でしごく剪定”もみあげ”の季節になります。

松の木は日当たりを好む常緑樹です。

”もみあげ”は、古い葉をしごき取ることで、

下の枝に陽を差し込みやすくするために行う大事な剪定作業です。

古い葉は数年すると枯れて自然に落ちますが、

古い葉が多いと下の枝に陽が当たりにくくなります。

松の木は日差しを好みますので,

葉を透かし枝や幹を美しく見せるために

”もみあげ”と透かし剪定は大切な作業となります。

松の木の特有な作業となりますのでお問い合わせください。

 

最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

お問い合わせ

ご相談・お見積もり無料です

お庭のお手入れ専門店 埼玉 東京 関東
048-778-8208 受付時間:月~土曜日9:00~17:00
安心の女性スタッフが承ります。
※作業は土日祝日でも行います!
対応エリアはこちらから

このページの先頭へ